【注文住宅の知恵袋】失敗・後悔しないために建てる前に知っておきたい100のこと


最近では、自由設計や注文住宅の新築が増えています。費用も建売と比べても大きく変わらない業者もあり、好きな間取りや好きなデザインを設計できることは非常に魅力的です。ただし、住宅の設計・・・なんて、これまで経験がある人は少なく、ほとんどが初めてのことだと思います。

特に、フル自由設計の場合、実際に家が出来上がってみると・・・「あれ?イメージと違う!」という人が多いのも特徴です。

後で大きな後悔をしないためにも、注文住宅・自由設計にすると決めたら、まずはこれだけは注意しておかなければいけないことを記載しておきます。日々、情報を追加していきますので、お楽しみにしてください。


それぞれの観点で注意しなければいけない事項を記載しています。100以上の役立つ情報を掲載しています。


注文住宅の知恵袋メニュー

あらかじめ知っておいた方が良いこと、失敗したことなどをジャンル別に整理しています。

土地・場所選び 業者選び お金・ローン関係 建物外観・外壁
間取り 窓・ドア・サッシ トイレ・キッチン・風呂・洗面所 吹き抜け・ロフト・小屋裏・中二階・特殊構造
収納 コンセント・ネット・電話・テレビ・照明・エアコン 壁紙・クロス・天井 玄関・リビング・和室・ダイニング・階段
屋根 ソーラーパネル 断熱  
外構・庭 ベランダ・テラス・ウッドデッキ 挨拶・ゴミ・自治会  

ジャンル別にノウハウを分けています。


〜記事から抜粋〜

■防火地域・準防火地域だったので、窓・ドアを防火戸にしなければいけなく、高額になった!

・・・実は防火地域・準防火地域でも、道路・隣家と建物との距離によっては、防火戸にしなくてもいい条件があります。

⇒「土地・場所選び」「窓・ドア・サッシ」へ

■吹き抜けの上の空間を活用できるリビング吹き抜けがある

・・・吹き抜けの高さを工夫することで、吹き抜けの上に空間を確保することができます。

すっきりとした開放的なリビング空間を確保しつつ、有効的に利用できます。

1.4mのロフトが、部屋扱いになるか小屋裏収納扱いになるかは、設計によって異なってきます。建設会社と相談しましょう。

⇒「吹き抜け・ロフト・小屋裏・中二階・特殊構造」へ


◆ビジネスホテルなどを安価に予約できるサイトはここです(じゃらん・楽天トラベルのサイトです)