2029年、大阪モノレールが延伸する!どんな駅?!どんなところを通るの?!大阪モノレール想定駅&コースマップ


大阪モノレールはさらに南へ延伸され、2029年に延伸区間の開業が予定されています。

延伸区間は、門真駅から南方向で、東大阪市の近鉄奈良線となります。

 

大阪府が発表した資料から詳しく見ていきましょう。

http://www.pref.osaka.lg.jp/yaopwo/osakamonorail/osakamono.html

約9キロの延伸とのことです。既にある大阪の大動脈、大阪中央環状線の敷地を有効活用できることなどが大きく、新たな路線建設にしては費用を抑えられているような印象があります。

新しくできる駅は、門真南(仮)、鴻池新田(仮)、荒本(仮)、瓜生堂(仮)の予定です。

駅の間隔は、これまでの開業区間の駅間隔と比べると少し広い印象があります。

モノレールなので時速30キロ程度で、各駅停車となり、速いとは言い切れないものの、新しくできる駅は、どの駅も放射状に延びる鉄道と接続できるため、目的地によっては時間短縮効果は大きいでしょう。

さらに、やっぱり大きいのは大阪空港と直結できる点!なんだかんだ言っても、関西空港より近くて国内線が充実している大阪空港のメリットは大きいですね。しかも万博記念公園や阪大病院など、東大阪市や、奈良方面からやたらと行きにくかった場所へダイレクトに行けてしまうのは、メリットが大きいですね。

 

では、駅のイメージ図も発表されていましたので、一つ一つ見ていきましょう!


門真南駅(仮)

門真南駅では、地下鉄長堀鶴見緑地線との接続が可能となります。

思いっきりジャンクションの真下に駅があるイメージ図となっています。

地下鉄の門真南駅と若干距離がありそうですが、連絡通路などで直結できるようになるのではと想定しています。


鴻池新田駅(仮)

鴻池新田駅では、JR学研都市線の鴻池新田駅との接続が可能ですが、モノレールの駅はJR学研都市線の西側となり、少し距離が離れてしまいます。

乗り換えには注意が必要な駅となりそうです。

イラストを見る限り、中央環状線の南向きと、近畿自動車道との間に駅ができるようです。

JR学研都市線の高架の絵が右側にチラリと見えており、学研都市線の南側に駅ができそうです。

しかも、連絡通路のようなイラストもあり、モノレールの鴻池新田駅から学研都市線の鴻池新田駅との間は歩行者デッキで直結されるのでは?!と想像できます。ちょうど府立高校の北側にデッキができると、鴻池新田駅へスムーズにアクセスできそうです。ただ400m程度、距離がありそうですが・・・。

楽しみですね。


荒本駅(仮)

荒本駅では、地下鉄中央線と直通している近鉄けいはんな線の荒本駅との接続が可能です。

この区間だけ、中央環状線を外れ、大きく東に迂回します。ここでは市道の上をモノレールが通る予定です。

ちょうど、東大阪市役所とイオンモール東大阪店の付近に軌道が建設される予定です。

駅は、けいはんな線 荒本駅の少し北側、今のイオンタウン東大阪店の場所に設置される予定です。

大阪府立中央図書館や東大阪市役所へのアクセスが便利になります。

なお、イオンタウン東大阪店はモノレール建設に関係して、近く閉店される予定です。

このイラストからは、西側にある大阪府立中央図書館とモノレール駅とがデッキで直結されそうですね。

奥のスペースにイオンタウン東大阪の後継となる、大型商業施設ができればいいですね!!

モノレール駅は地下鉄荒本駅より北側なので、若干、距離が離れてしまうかもしれません。


瓜生堂駅(仮)

瓜生堂駅では、近鉄奈良線の八戸ノ里駅〜若江岩田駅間の交差部に設置が予定されています。

現在、近鉄奈良線は、八戸ノ里駅〜若江岩田駅間に駅はありませんが、今後、瓜生堂駅が設置される予定です。

なお、瓜生堂周辺は2019年度に交差点が整備され、下地は整ってきています。

モノレール駅は、中央環状線と近畿自動車道との間のスペースにできそうです。

イラストを見ると、近鉄奈良線の新駅の真上にモノレールの駅ができそうです。

もしも近鉄の瓜生堂駅プラットフォームから直接モノレールに乗り換えができればとても便利ですね。

なお、新しく瓜生堂駅の北側、中央環状線と近畿自動車道の間にモノレールの車庫が設置される予定です。

余談ですが、瓜生堂駅予定地の北東側、現在ニトリモール(以前は近鉄ハーツ)があるところには、昔、近鉄の車庫(少し小さめの車庫)がありました。またこの付近にまたもや車庫ができるとは、びっくりですね。


大阪モノレール延伸マップ

大阪モノレール延伸の想定コースです。

 

 

 

 

 

全体ではこのようになります。延伸区間は大阪の東部と大阪の北部の直結ができ、沿線には、大阪空港や万博記念公園、阪大病院などもあり、通勤・通学・病院へのアクセスが一挙によくなるのではと期待できます。特に大阪市内を通らなくてもよいため、朝の通勤ラッシュを避けた通勤なども実現できそうです。

大阪府のモノレール建設のパンフレットはこちらからダウンロードできます。

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/34965/00313196/pamphlet201910.pdf

まだまだ先ですが、開業が楽しみですね。(2020/4/4)