【Windows10】Windows Update を強制的に停止する(無効にする)方法


Win10/トラブル対処/Javscrtipt/Perl/定番アプリ/スマホ節約 TOPはこちら


Win10は、ある日から突然挙動が変わってしまうことがあります。

特に、意図しないWindows Update が走ってしまうと、Windowsを使用した作業ができなくなったり、システムがストップしてしまうようなトラブルの原因にもなります。   

組み込んでシステムとして使用している場合、大きな問題になることもあります。

今回は、Windows 10 のWindows Update を強制的に停止させる方法を記載します。

ただし、Windows UPdateを停止すると、セキュリティ脆弱性へ対処が滞るなど、デメリットも多く生じます。

FWやセキュリティアプライアンスなどのネットワーク機器でのセキュリティ対策は万全にし、万が一、マルウェアが侵入しても重要な影響が出ないよう、影響も鑑みた上で、実施してください。


コマンド、または WindowsPowerShell を管理者で起動

スタートメニューが表示されないという事態なので、ちょっと変な形でコマンドを起動します。

@[CTRL] + [ALT] + [DEL] を押す

⇒ ブルーバックの画面 ⇒ 「タスクマネージャー」を選択

Aタスクマネージャーの ファイル(F) を押す

⇒ 新しいタスクの実行 ⇒ 開く で cmd  と打つ。

⇒ 「□このタスクに管理者特権を付与して作成します」 にチェックを入れる。

そうするとコマンドが起動。

 

または、[Windows]+[x] (または、スタートを右クリック)で Windows PowerShell(管理者) を起動

実行を許可する画面が表示された場合、許可します。

 > gpedit

と打ち込みます。


Windows Updateを停止する設定

ローカルグループポリシーエディタ―が起動します。

「コンピューターの構成」 ⇒ 「管理用テンプレート」 ⇒ 「Windowsコンポーネント」

画面右側の一覧から 「Windows Update」を選択します。

そして、「自動更新を構成する」をダブルクリックします。

そして、自動更新を構成するの設定で「無効」を選択します。そしてOKボタンを押します。


その後、変更の適用

コマンドプロンプトか、WindowsPowerShell で

 > gpupdate

と、打ち込みます。

これで、設定が変更されました。一度、念のため、再起動をしましょう。

この設定をした後は、くれぐれも、WindowsUpdate漏れによる、脆弱性の放置についてはご注意を!


★その他のテクニックは、以下のパソコン・スマホテクニックサイト( https://dsstation.sakura.ne.jp/PC/ )ありますので、適宜参照してください。


※ここから先は広告です。もし、ご興味があればご参照してください。

東京ディズニーランドへ行く場合は、高速バスで価格を抑えつつも、ホテル付きでゆったりすごせるプランが結構人気です。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL これも一度チェックしてみる価値ありです・・・

<リンク集>ビジネスホテルなどが安く予約できるサイトへのリンク集