[Video Studio 12 で、問題が発生したため・・・と表示されて異常終了した場合の対処例]

これまで安定して動作していたVideo Studio 12 が、なぜか、出力の途中で停止してしまうことになりました。

これまでちゃんと動いていただけに、原因が良く分からん・・・

どうも、movファイルの出力にかかると停止するみたい。

原因は、coreaudio・・・.dll とか。movファイルの音声系の処理の様子。

 

■mov ファイルの出力で停止する、といことで思い当たる節

 ・他の映像系編集フリーソフトをインストールした

  DVDVideoSoft Free Studio をインストールした

 ・元の動画を保存しているフォルダ名が、漢字

 ・Windows Update は随時やっている

 ・そういえば、Quick Time も勝手にアップデートした気がする

 ・子供がいつも勝手にパソコンで遊んでいる


■いろいろやったけどだめだった

 ・フォルダ名の名前変更

 ・映像のプロキシ設定を変更

 ・ビデオカードのドライバ(nvidia GeForce 9500GT)最新版へ

 ・Video Studioの再インストール

 ・違うコーディックでの出力

 ・デジカメに添付していたmov関係のツールのインストール

 ・最新のお試し版のインストール


■とりあえずこうやっていじったら直った

・再インストールを確実にするためにプログラムが入ったフォルダ名を変更(削除してもいいけど)

C:\Program Files\Corel\Corel VideoStudio 12

→ C:\Program Files\Corel\%%Corel VideoStudio 12

C:\Program Files\Corel\Ulead VideoStudio 12

→C:\Program Files\Corel\Ulead VideoStudio 12

・Quick Time を「プログラムの追加と削除で削除する」

・その後、再インストール。

 ユーティリティもすべて再度インストール。

そうしたら直った。結局、再インストールだけど。


想定する原因:Quick Time のドライバとの相性? もしくは、プログラムの破損。


■で・・・ 結局、新しいVideoStudioを買ってしまいました。

Corel VideoStudio Pro X4 というのです。オンラインなので、若干安く購入できました。

VideoStudio 12 よりも安定していて、これまでのように不具合がおきて強制終了というケースが大幅に減りました。

ちょっと出費でしたが・・・

まあ、結果的には、買ってよかったというわけでした。