【花札のルール】子供でも遊べる花合わせ「いのしかちょう(猪・鹿・蝶)」 ルール


最近では、100円ショップで売っている「花札」ですが、どうやって遊んでよいか、ルールがよくわからない人も多いと思います。

また、遊び方もいろいろあり、有名な「花合わせ」でも、地域や人によって役やルール、点数が違います。

このページでは、「花合わせ」を小学生や幼稚園児でも楽しめるように簡略化したルールをご紹介します。

この子供向けルールの特徴は、

@役を解りやすいものに限定して、更に「猪・鹿・蝶」を一番大きい役とする

Aカス札は0点として点数計算を簡略化

Bジョーカーのような「鬼」(雷)ルールありでエキサイト!

※八月の花は芒(すすき)、十一月の花は柳(やなぎ)です。

※四月の藤は「黒豆」、七月の萩は「赤豆」とも言われています。


同じ月(同じ種類・同じ花)のカードを覚えておきましょう。 同じ月(花)のカードが組となります。

11月の雨の最後の4枚目は、鬼(雷)です。いわゆるジョーカーのようなカードです。

絵柄がすべて違うので、最初は覚えるのが大変かもしれないですね。

※印刷して利用できるように、PDFバージョンも作成しましたので、ご利用ください ⇒ 子供向け花合わせ「いのしかちょう」ルールの印刷マニュアルのダウンロード(PDF)はこちら

 

こども向け花合わせ 「いのしかちょう」のご紹介

 

配り方・・・場6枚 手7枚

花合わせは、3人で遊ぶ、絵合わを行う花札です。

このルールは、「猪・鹿・蝶」 (いのしかちょう)を最上位の役にして、その他の役も、覚えるのが簡単な「赤短(赤丹)」「青短(青丹)」「藤一杯」「桐一杯」「月見で一杯」「花見で一杯」に限定し、点数計算も簡単にした子供でも楽しめるオリジナルルールです。

<遊び方>

3名で遊ぶ。

場は6枚(オープンにする)、手は7枚(各自隠す)。残りは山。

※なお、ゲームを始める前に、手のカードに同じ花(同じ月)のカードが3枚以上あった場合、その3枚から1枚抜いて(または4枚から2枚抜いて)、山のカードと交換します。 ※自己申告ですがバレると反則です。

遊び方・・・それぞれ2回、絵合わせをします

ゲームの進め方

Aさん「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ ⇒ 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせ

Bさん「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ ⇒ 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせ

Cさん「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ ⇒ 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせ

Aさん「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ ⇒ 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせ

3人が順番に絵合わせを2回づつ行い、7枚あった「手のカード」が無くなるまで(7回)繰り返します。

誰が一番最初にするかは、適宜決めます。

 

(1回目) 「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ

・自分の「手」のカードを確認します。

・自分の「手」のカードと、「場」のカードの絵合わせをします。

・同じ種類(同じ花)のカードが場にある場合、2枚をくっつけます。

・そして、くっついた2枚とも自分が 持って帰ります(取得した札となります)

※「持って帰ったカード(みんなに見せる)」と、「手のカード(みんなに見せない)」 とが、ごちゃ混ぜにならないように注意します。

<もしも> 「手のカード」 と同じ種類(同じ花)のカードが、「場」にない場合・・・

「手」のカードを1枚、「場」に捨てます (他の人に見える状態で置きます。「場」のカードになります。)

※この場合、くっついたカードが無いので、捨てるだけで、持って帰るカードはありません。残念!

(2回目) 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせ

・「山」から1枚めくります。一番上のカードをめくります。

・めくったカードと、同じ種類(同じ花)のカードがある場合、2枚をくっつけます。くっついた2枚とも自分が持って帰ります(取得した札となります)

<もしも> 「山からひいたカード」と同じ種類(同じ花)のカードが、「場」にない場合・・・

「山からひいたカード」を「場」に捨てます (みんなに見える状態で置きます。「場」のカードになります。)

※この場合、くっついたカードが無いので、場に置くだけとなり、持って帰るカードはありません。残念!

<持って帰ったカードはどうするの?>

★持って帰ったカードは、他の人から「見える」ように置いておきます。

★ゲームが終了したときに、持って帰ったカード によって、点数が決まります。

★ゲームが終了したときに、持って帰ったカードで「役」が決まります!役ができると、点数が増えます。

★持って帰ったカードは、「手のカード」としては使えません〜!自分の「手のカード」と、「持って帰ったカード」が、ごちゃ混ぜにならないよう!

 

「鬼」のスペシャルルール

鬼スペシャルルールで面白さ倍増!!


花札を楽しくさせる要因として、鬼(11月の雷カード)があります。このカードは、トランプで言うジョーカーみたいなものです。

最強カードで、どんなカードとも絵合わせ出来てしまいます!!(ただし11月のカード以外)

 最強カード、鬼!

鬼の登場のしかたは3パターンあります。


パターン1●手のカードに「鬼」が入っていた場合・・・ラッキー!

(1) 「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ の時に、「鬼」は、好きな「場」のカードを「食う」事ができます。

※ただし・・・鬼は仲間は食わないのです!鬼と同じ「11月のカード」は、食う事ができません。ご注意を!

「食ったカード」と「鬼」は、持って帰ります。(取得した札となります)


パターン2●山から引いたカードが「鬼」の場合・・・ラッキー!

(2) 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせで、「山」から1枚カードを引いたときに「鬼」が出た場合、好きな「場」のカードを「食う」事ができます。

※ただし・・・鬼は仲間は食わないのです!鬼と同じ「11月のカード」は、食う事ができません。ご注意を!

「食ったカード」と「鬼」は、持って帰ります。(取得した札となります)


パターン3●最初に配った時に、場に鬼」が出た場合・・・

ゲームを開始する前に、配った人が、山の上から1枚とって(全員、そのカードを見ずに)、鬼にかぶせます(裏返したままかぶせる)。

この場合、最初の人は、

(1) 「手のカード」と「場のカード」との絵合わせ ・・・通常通り行う

しかし、

(2) 「山からひいた1枚」と「場のカード」との絵合わせ・・・は、やらない

通常ならば、山 から1枚めくるのですが、この場合は、山からめくらずに、「鬼にかぶせたカード」と「鬼」の2枚を持って帰るのです(既に、山からめくった状態でスタートだからです)

イラストで分かりやすく説明したページは 「ステップ・バイ、ステップで説明する遊び(例)の流れ」をご参照ください。

ゲームが終わったら・・・

全員の手の札が無くなり、山もなくなればゲーム終了です。あれ?!場に1枚残ってしまった・・・?!

最後に残った札・・・これは、鬼が食った片割れです(ちょっと怖い?!)

と、いうことで、最後に「場」に残った札は、「鬼」を使った人がもらえます!!


<役と点数> 

いよいよ点数の計算です!まず、役ができているか各自チェックしましょう。


<点数表>


役一覧


役は、ゲームが終了した後、持って帰ったカードに、役に該当する組み合わせがあった場合、

他の2人から、それぞれ、その点数(点数分のカード)をもらえます。

例えば、ゲーム終了時に「猪」「鹿」「蝶」の3枚のカードを持っている人は、他の2人から30点ずつもらえます。(合計60点もらえます)

(つまり、相手はそれぞれ30点減って、自分は60点増えるという事です!)

 

 

※有名な役の 「五光」 「四光」 「松桐坊主(三光)」 「梅松桜(三光・表菅原)」は今回の子供向けルールでは採用していません。
(子供向けなので、役が多いと覚えられないためです。また、これらの役は、カード自体の点数が高く、役で更に点が加算されると点差が開き圧勝となります。今回の子ど向けルールでは接戦を楽しむために採用しないことにしています。ご家庭では、適宜、これらの役を設定していただいても構いません)

※「フケ」「カス13枚」「雨4枚で役無効」なども、今回は採用しません。(子供向けなので、複雑な要素を減らしています)

※短冊も出現比率が低い 「七短」「六短」は、今回は採用しません。(子供向けなので、複雑な要素を減らしています)

 

役の確認、清算が終わったら、各自、点数を数えましょう。

平均点は80点です。(合計で240点です)

 

<得点表のイメージ>

  Aさん Bさん Cさん
1回戦 70点 90点 80点
2回戦 55点 45点 140点
3回戦 95点 105点 40点
     
     
     

子供向け花合わせ「いのしかちょう」ルールの印刷マニュアルのダウンロード(PDF)はこちら

ステップ・バイ、ステップで説明する遊び(例)の流れ