【レッドロビンの成長】25cmの苗が2mの生垣に生育するまでの記録


レッドロビンは、年中葉をつけて、葉の密度も適度にあり、また葉があまり散らない、虫が寄りにくいことから、生け垣に人気です。緑のカーテンのような生垣を作ってみようと思い、植えてみました。

植えたのは、50cmの小さな苗。この苗が2mのレッドロビンの生垣になるまでの成長を記録しました。


2016年4月:0.5m のレッドロビンの苗 250円×20苗をネットで購入


2016年5月:到着したので植えてみました。

20〜50センチ程度間隔をあけて植えるとの事です。

ちょっと間隔が狭いかな?

腐葉土と鶏糞が混ざった土を地中深くに埋めて、その上に植えてみました。

こんなので育つのかな?


2016年8月:植えてから3か月。猛暑を越えて

夏の暑さと日光で枯れないか心配しましたが、結構強い木です。

夏を過ぎると幹がしっかりしてきました。ただし木の高さはあまり変わりません。

生垣というにはほど遠い状況です。


2017年5月:植えてから1年後

高さは1m近くまで成長してきました。葉もちょっと茂ってきました。生垣としてはまだまだスカスカです。


2018年9月:2年3か月後

まる2年を過ぎると一挙に成長をし始め、高さは2m近くになりました。

葉もかなり茂ってきて、ようやく生垣として機能し始めました。

2年を過ぎると、高さをそろえたり、飛び出た枝を切るなどの剪定をする必要があります。

ただ、この木は、かなり適当に剪定をしても大丈夫とのことです。

安心してばっさばっさとカットできます。

その後、丸3年が経ち、真っ赤な生垣ができました。

 

レッドロビンで生垣を作ってみた感想

 

生垣で緑の壁ができると、木漏れ日ができ、夏も少し涼しげになります。

レッドロビン(紅カナメ)は、かなりお手軽に生垣がつくれるので、お試しください。

 

DIY&工作 やってみた メインページへ戻る

※ここから先は広告です。もし、ご興味があればご参照してください。